【サッカー人気3位】今後サガン鳥栖に何が起きるか経営的な部…

赤鯱新報

【大分vs名古屋】レビュー:戦いはタフに、スコアは鮮やかに。また新たな表情を見せた、名古屋の強み。

■明治安田生命J1リーグ第6節
7月22日(水)大分 0-3 名古屋(19:33KICK OFF/昭和電ド/3,603人)
得点者:31’吉田豊(名古屋)48’丸山祐市(名古屋)73’米本拓司(名古屋)
———–
決して楽な試合ではなかった。むしろ心身ともに負荷のかかる、タフな90分間だったと言えるだろう。しかしスコアは3-0の完勝で、フィッカデンティ監督も「試合展開としてもこちらのしたいことが一方的にできた試合だと思っている」と率直に述べている。大分は難敵だった。少しのかけ違い、不調な部分が結果として、名古屋との大きなスコアの差になったところはある。そういった差し引くべき部分を冷静に選り分け、残った部分を見た時に何があるかといえば、名古屋が、勝てる展開を構築し、勝つべき試合に勝てるチームになりつつあるという印象だ。

(残り 3586文字/全文: 3949文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック