【サッカー人気2位】勝つなら殴り合いに持ち込むこと、それ以…

赤鯱新報

【清水vs名古屋】プレビュー:求めるは100%にして120%にあらず。手負いの名古屋は総力戦ゆえの可能性を示せるか。

■YBCルヴァンカップ グループステージ 第2節
8月5日(水)清水vs名古屋(19:00KICK OFF/アイスタ)
———–
マッシモ名古屋のもう一つの可能性を、ようやく見ることができそうだ。本来ならば2月26日に行われ、その時も大胆なターンオーバーが予想されていたが、残念ながらシーズンはそこから長い長い中断期間へと突入した。そもそもにおいてオリンピックの影響による過密日程が組まれていた序盤戦は、「総力戦になる」とフィッカデンティ監督も覚悟を決めていたところ。そして約5ヵ月を経た現在は予定以上に過密なスケジュールを戦うことが決まっている。総力戦は不可欠にして不可避で、だからこそ楽しみにしたい部分も多い90分間になる。

(残り 2286文字/全文: 2601文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック