【サッカー人気1位】沼田前社長の12年間があったからこそ今…

赤鯱新報

前田直輝「(怪我で)みんなが戦っている中で自分は戦えなかったという悔しさがありました。今日は必ず結果を出したいなという気持ちで臨みました」【名古屋vs浦和】試合後の選手コメント

■明治安田生命J1リーグ第9節
8月8日(土)名古屋 6-2 浦和(18:03KICK OFF/豊田ス/4,956人)
得点者:9’前田直輝(名古屋)10’前田直輝(名古屋)18’ジョアンシミッチ(名古屋)38’前田直輝(名古屋)45’ガブリエルシャビエル(名古屋)48’レオナルド(浦和)50’前田直輝(名古屋)76’レオナルド(浦和)
———–
○前田直輝選手
Q:内容的にも素晴らしい試合だったと思いますが、試合に入る際の心構えなどを聞かせてください。
「僕自身、前節の柏戦で試合早々に足首を痛めて、今週の清水戦も休んだりとか、みんなが戦っている中で自分は戦えなかったという悔しさがありました。そういう部分もあった中で、今日は必ず結果を出したいなという気持ちで臨みました」

Q:今日はハットトリックを超える1試合4得点を挙げました。得点についてはどのように振り返りますか。
「まず1点目を早い時間に取れたのが大きかったですし、すぐに2点目を自分たちがやっている縦に速い攻撃からマテウスが抜け出して。マテにボールが入ればああいう速いクロスを狙ってくることは前からわかっていたので、良いタイミングで入ってくるボールに相手との駆け引きに勝てたのも良かったです。4点取りましたけど、どれも良いボールが来て、流し込むだけだったので、チームメイトに感謝です」

(残り 1438文字/全文: 2010文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック