大久保嘉人に見る、ベテランの味わい方(J論)

赤鯱新報

【名古屋vs川崎F】レビュー:予選突破の結果とともに、真っ向勝負でつかんだ自信。名古屋はこれをどう育てていくか。

■YBCルヴァンカップ グループステージ 第3節
8月12日(水)名古屋 2-2 川崎F(19:03KICK OFF/パロ瑞穂/4,858人)
得点者:1’相馬勇紀(名古屋)6’三笘薫(川崎F)7’ガブリエルシャビエル(名古屋)38’三笘薫(川崎F)
———–
ひとまずは、戻ってきた“答案用紙”に書かれた点数を好意的に受け取っておくべきか。リーグ戦との過酷な掛け持ちの中、「こんなにも素晴らしい対戦相手」との一戦にフィッカデンティ監督は現状で考え得るベストメンバーをピッチに送り出し、Jリーグ内での自分たちの物差しとルヴァンカップ予選突破との一挙両得を狙った。結果は図らずも両者がともに次へのステージ進出を決める引き分けに終わり、2-2というスコアもまずまず。何かに浮かれることができるわけではないが、今は“川崎と渡り合った”という事実だけでもいくばくかの自信にはなる。

(残り 3539文字/全文: 3923文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック