【サッカー人気3位】【川崎蹴報】田邉秀斗ガイド:SBSカッ…

赤鯱新報

「自陣にしっかり引いて守っている相手に対し、相手が寄ってきた際に逆サイドに展開していくスピードが足りなかった」【FC東京vs名古屋】マッシモフィッカデンティ監督記者会見コメント

■明治安田生命J1リーグ第10節
8月15日(土)FC東京 1-0 名古屋(19:03KICK OFF/味スタ/4,435人)
得点者:33’レアンドロ(FC東京)
———–
○マッシモフィッカデンティ監督
「どういう試合になるかという想定の通りの試合にはなりました。真ん中をしっかりふさいでこちらのパスをほとんど外でしか回させない、という形にされ、良くない失い方をして罠にかかって点を取られたという印象です。後半に関しては前半よりは良かったかなとは思います。あれだけ堅く引いて守られるとこちらも人数を前にかけていきますので、その中で失い方が悪ければカウンターを受けるのは仕方がない、という戦いでしたから。グラウンドコンディションも今日は重く、それは水を撒くことで作ってきたものだったということも相手の狙い通りだったのかなとも思います。

日本のサッカーがつまらなくなってしまうなと思うのは、やはり良いプレーをしていく中での戦術的なファウルというのはサッカーにはありますので、賢さをもってそこはやっていくべきとは思いますが、しっかりイエローカードなどの罰がそれには与えられるべきです。今日の試合の中で、我々がボールを持って良いプレーをできている時にあった相手の戦術的ファウルに対して何も処罰がありませんでした。そういうやり方を良しとしていてはサッカーがすごくつまらなくなります。レフリーの皆さんにももっと向上してもらいたいと思います。今日に限らずいつも思うことですが、今日は特にそう思いました。これはそのせいで負けたなどという単純な話にしたいわけではなく、どういう部分で東京が我々を上回ったかというのは先ほど言いました。こちらがそこに対してやるべきことをしっかりやれなかった部分はあります。ただあまりにも、観ている方たちにとってもストレスになっていたでしょうし、ああいう部分はもっと向上してほしいと、改めて思いました」

(残り 901文字/全文: 1707文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック