大久保嘉人に見る、ベテランの味わい方(J論)

赤鯱新報

「苦い敗戦ですが、しっかりと謙虚になって、しっかりと見直して、次の試合に向かわせるようなやり方をしていかなければいけない」【横浜FCvs名古屋】マッシモ フィッカデンティ監督記者会見コメント

■明治安田生命J1リーグ第16節
9月13日(日)横浜FC 3-2 名古屋(18:03KICK OFF/ニッパツ/3,290人)
得点者:12’吉田豊(名古屋)19’齋藤功佑(横浜FC)22’田代真一(横浜FC)78’瀬沼優司(横浜FC)73’マテウス(名古屋)
———–
○マッシモ フィッカデンティ監督
「すごくアグレッシブに、そして組み立ててくることもありますが、奪った時のカウンターという武器も持っている相手でしたので、今日の相手の出場するメンバーを見ても、そういったところを気を付けなければいけないということはありました。そこでゴールをするにはしたんですが、前半を通してそういった部分へのアプローチが非常に悪かったと思います。繰り返しますが、リードするという状況を作るには作ったんですが、結果的にゴールをしたことがそうだっただけで、相手への警戒は低かったように思えます。そしてすごく低いトーンの試合になってしまいまして、逆にあのスコアで一度ロッカーに戻れたことが運がよかったと思えるほどに、決まってもおかしくないチャンスを作られていました。そういう前半でした。

(残り 1504文字/全文: 1987文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック