大久保嘉人に見る、ベテランの味わい方(J論)

赤鯱新報

相馬勇紀「攻守でチームに貢献できなかったところに悔しさが残る試合でした」吉田豊「もっと自分たちで冷静に相手をもっとつり出して、主導権を握ってプレーをできたのではないかと思います」【横浜FCvs名古屋】試合後の選手コメント

■明治安田生命J1リーグ第16節
9月13日(日)横浜FC 3-2 名古屋(18:03KICK OFF/ニッパツ/3,290人)
得点者:12’吉田豊(名古屋)19’齋藤功佑(横浜FC)22’田代真一(横浜FC)78’瀬沼優司(横浜FC)73’マテウス(名古屋)
———–
○相馬勇紀選手
Q:今日は縦への突破、クロスともに非常に相馬選手らしさが出ていましたが、手応えはいかがでしょうか。
「そうですね、今までの試合に比べて特徴は出せましたが、やっぱりチームを勝たせられなかったので。3失点目のところは特に自分が背後を取られたところから始まってしまったので、そういう意味でも攻守でチームに貢献できなかったところに悔しさが残る試合でした」

(残り 1006文字/全文: 1322文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック