【サッカー人気2位】新著『フットボール風土記』が求められる…

赤鯱新報

【名古屋vs神戸】プレビュー:明確な意図をもった攻守の“正常稼働”を。名古屋はあくまでリアリスティックに勝ちに行く。

■明治安田生命J1リーグ第17節
9月19日(土)名古屋vs神戸(17:00KICK OFF/豊田)
———–
中5日の“通常営業”をもって、ようやく名古屋は真の意味での原点回帰を果たしたようだ。13日の横浜FC戦から翌日をオフに充て、火曜日から練習を再開、3ヵ月ぶりに報道陣に公開された水曜日にはフィジカルトレーニングをはじめ負荷の高い練習を選手たちは笑顔でこなした。試合と回復しかなかったような連戦の日々から一時的にでも解放されたチームはその好機を逃さず、守備を中心に状況の把握と整理に努めてもいる。故障ではなく、うまく機能しなくなっている箇所があった。だからパソコンで言えばデフラグのような作業を行ない、正常な機能を取り戻そうとしたわけである。曖昧さのないチーム作りは立ち戻る場所もチェックポイントも明確だ。

(残り 2104文字/全文: 2464文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック