【サッカー人気1位】【J1騒乱】FC東京から見る横浜F・マ…

赤鯱新報

【名古屋vs神戸】レビュー:質実剛健の輝きは再び。名古屋らしさにあふれる勝ち方は、次なる進撃への吉兆か。

■明治安田生命J1リーグ第17節
9月19日(土)名古屋 2-1 神戸(17:03KICK OFF/豊田/11,854人)
得点者:15’山口蛍(神戸)42’金崎夢生(名古屋)56’金崎夢生(名古屋)
———–
悪い癖だけ残ってはいるが、その一点を除いては名古屋による名古屋らしい90分間の勝利が達成された。神戸が中2日でのゲームで疲弊していたことも勝因の一つには考えられるが、それも名古屋が本来の調子を取り戻していなければ前提条件が崩れてしまう。堅守と速攻、そして人数をかけた多彩な攻撃。川崎のような毎回の大量得点を約束してくれるものではないが、勝ちきる力においては負けてはいない。守備によっても試合は支配できることを証明するような彼らの戦い方は、1点差勝利という難しい勝ち方をむしろ“らしさ”に思わせるしたたかさに感じられる。

(残り 3631文字/全文: 3996文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック