大久保嘉人に見る、ベテランの味わい方(J論)

赤鯱新報

「些細なこと、小さなところ、細かいところを丁寧にやらなければ試合展開は変わってしまうというサッカーの怖さが今日は見られたのではないかと思います」【G大阪vs名古屋】マッシモ フィッカデンティ監督記者会見コメント

■明治安田生命J1リーグ第18節
9月23日(水)G大阪 2-1 名古屋(19:00KICK OFF/パナスタ/5,153人)
得点者:21’金崎夢生(名古屋)53’山本悠樹(G大阪)87’宇佐美貴史(G大阪)
———–
○マッシモ フィッカデンティ監督
「前半あれだけのチャンスを作りながら、あのスコアで前半を終えてしまったことが試合を終えたいま勝てなかった要因はどこかと聞かれれば、まずはそこです。かなりこちらが3ポイントを持ち帰るような展開にもできたと思います。前半はあれだけ良いサッカーをして、相手に何もさせないこともできていて、しかもチャンスも作れていましたので、そこに問題があるかなと。そして後半の同点にされた失点については、汚い言葉を使って申し訳ありませんが、『バカじゃないのか?』というものでした。こういう言葉は使うべきではありませんが、そういった表現しかできません。残念すぎる失点の仕方でした。あの時間で、逆に言えば前半であれだけのチャンスをこちらが作って、相手が絶えたという感覚を持ち帰って、後半にガンバは臨んできたのかもしれません。そしてこちらがゴールまでプレゼントしてしまって、相手に希望を与えてしまったのかもしれません。ですからサッカーとは不思議なもので、あれだけの前半をつくっても違う雰囲気の試合になってしまう。些細なこと、小さなところ、細かいところを丁寧にやらなければ試合展開は変わってしまうというサッカーの怖さが今日は見られたのではないかと思います」

(残り 923文字/全文: 1562文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック