大久保嘉人に見る、ベテランの味わい方(J論)

赤鯱新報

山﨑凌吾「少なからずチャンスはあったので、そこで決めきる力が、相手に上回られた」中谷進之介「僕たちDFラインが上げるべきか、中盤のラインをもう少し下げるべきか、チーム全体の課題」【G大阪vs名古屋】試合後の選手コメント

■明治安田生命J1リーグ第18節
9月23日(水)G大阪 2-1 名古屋(19:00KICK OFF/パナスタ/5,153人)
得点者:21’金崎夢生(名古屋)53’山本悠樹(G大阪)87’宇佐美貴史(G大阪)
———–
○山﨑凌吾選手
Q:同点になった後の出場でした。監督からどんな指示を受け、状況をどう見て試合に入りましたか。
「勝ちに行っていたので、監督からはそういった指示を受けていましたし、前線で起点になるところを求められて入りました。1-1だったので、得点を取りたかったですし、少なからずチャンスはあったので、そこで決めきる力が、相手に上回られたという感じです」

(残り 1666文字/全文: 1951文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック