【サッカー人気5位】大槻さん、そして今季のラスト4試合 こ…

赤鯱新報

【クラブニュース】名古屋グランパス×TOYOTA GAZOO Raicingコラボが発表!「GRヤリス」とともに、終盤戦を突っ走る!

名古屋グランパス×TOYOTA GAZOO Racingコラボ企画発表記者会見の出席者たち。雲一つない青空の下、小西工己社長、杉浦宏哉GRマネジメント部部長、丸山祐市、阿部浩之、ランゲラックが登場した。

本日10月15日、名古屋グランパスのクラブハウスにて「名古屋グランパス×TOYOTA GAZOO Racingコラボ企画発表記者会見」が行われ、その目玉企画としてユニフォーム胸への「GR YARiS」車名ロゴの掲出、24日の仙台戦における「GRヤリスシート」の設置、そしてコラボグッズ発売が発表になった。ユニフォーム胸スポンサ-ロゴについては初期のチームロゴを除けば「TOYOTA」で統一されてきたが、今回初めて異なるロゴが掲出されることになった。かつては浦和や横浜FMが行なっていたそれぞれのスポンサーの販売する車名ロゴ掲出だが、同じ自動車メーカーを大スポンサーに持つクラブとして初の試みというのは意外な気もする。

そして胸のロゴを変更したユニフォームを披露する丸山祐市。限定ユニフォームでも胸はTOYOTAだっただけに、非常に新鮮だ。

慣れ親しんだ「TOYOTA」から「GR YARiS」になったユニフォームをお披露目した丸山祐市、阿部浩之、ランゲラックの3名はみな笑顔。「これを着用した試合でしっかり勝ちたい」(丸山)、「TOYOTAの時も頑張ってるけど、GR YARiSがたくさん報道されて売り上げに貢献できるように(笑)」(阿部)、「カッコいいユニフォームだね。しっかり勝っていきたい」(ランゲラック)と選手も意気込む着用試合は仙台戦を皮切りに、ホーム、アウェイ3試合ずつの6試合。白のアウェイユニフォームでもロゴ掲出をするということで、今までの期間限定ユニフォームとは違った気合の表れがこのコラボレーション企画からは感じ取ることができる。事の始まりは9月のスタジアムイベント「モータースポーツフェスタ」で、その際にトヨタ自動車の杉浦宏哉GRマネジメント部部長と小西工己社長の間で意見交換が行われたことだといい、「胸を“YARiS”にしてみては」というアイデアが生まれた。そこから世界ラリー選手権でもトップクラスの成績を収める“実力車”にあやかりたいという小西社長の想いもあり、GR GAZOO Racingの一押し車種でもあったことから一気に話が実現へと進んだ。

「GR YARiS」について感想を話す選手たち。後ろには二つのグレードのGR YARiSが展示されていた。

ちなみにこの「GR YARiS」には選手たちも興味津々だった。フォトセッションの後には内装や装備などについて関係者に質問攻め。阿部とランゲラックは実際にシートに座ってその感触を確かめている。エンジンをかけてもらうとおよそこのサイズの車とは思えない強烈なエンジン音が駐車場に響き渡り、集まった報道陣を驚かせた。カーボン製の天井パーツが標準装備というトヨタ20年ぶりのスポーツ4WDは「レースに勝つために市販車を作るにはどうすればいいか」(杉浦部長)という逆転の発想で生まれた車であり、阿部などは「勝手にですが僕に似合うと思っています」と特にお気に召した様子。193cmのランゲラックが乗り込んでも「全然問題ないよ」という居住空間を備え、試乗した人は必ず大笑いしてしまうという桁違いのドライビングプレジャーは、仙台戦で実施される「GRヤリスシート」でもその一部を体感できるはずだ。

冬用のチームオーダースーツを着用して挨拶をする小西工己社長。「GR YARiSを胸にしっかり戦いたい、選手たちに躍動してもらいたい」と語った。

GR GAZOO Racingとのコラボレーションはこれが始まりの一歩だとも小西社長は言い、「サッカーはルール的に最もシンプルなスポーツ。対するモータースポーツは開発、生産、販売、そしてお客様の中にスポーツとして楽しまれる方もいる、というある意味対極のスポーツが同時に身近になるということが可能になる」と大きな展望があることも明かした。来秋の新城でのWRC開催にも関連付けたイベントや、クルマ社会の愛知県におけるサッカーとの両立した楽しみの創出などアイデアは尽きない様子で、杉浦部長も「少しでもモータースポーツが楽しいなと思ってもらえたら、逆にモータースポーツが好きな方がサッカーを楽しんでもらえたら、それが相乗効果」と期待を膨らませた。

終盤戦6試合限定の“GRヤリスユニフォーム”と、意欲的なヤリスシート、コラボグッズの販売は名古屋のさらなる上位進出への追い風となるか。世界を舞台に戦うトヨタの新鋭に負けぬよう、グランパスには一層の奮起を期待したい。

reported by 今井雄一朗

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック