【サッカー人気4位】ブラウブリッツ無敗優勝に「オシムの一番…

赤鯱新報

【川崎Fvs名古屋】マッシモフィッカデンティ監督記者会見コメント「前半の終わりに少しバランスが崩れ、後半は前半と同じ戦い方ができなくなった」

■明治安田生命J1リーグ第23節
10月18日(日)川崎F 3-0 名古屋(19:03KICK OFF/等々力/10,161人)
得点者:44’三笘薫(川崎F)57’ジェジエウ(川崎F)65’ジェジエウ(川崎F)
———–
○マッシモフィッカデンティ監督
「結果だけ見ると0-3、一方的に片方が勝った試合に見えますが、結果としてなってしまっているのですけど、試合の内容が一方通行だとは思いません。どちらにもチャンスがあり、どちらに点が入ってもおかしくない場面が前半にはあった中で、その前半の終わり方が勿体なかったなと思うのはもちろん失点の部分ですが、ただ失点の部分には必ずリスクがないことにはないものですので、もしかしたら運がなくて我々の選手に当たってしまったところもあったわけですが、そこで前半の終わりに少しバランスが崩れ、後半は前半と同じ戦い方ができなくなったかなと。そういう後半の入り方になってしまったところはありました。しかし後半を通しても決して悪い試合をした感覚はありませんので、ただ失点の仕方が全部勿体ないと。そのミスをどうしているかという部分は分析する必要があるというものでした。逆に川崎を相手にすごく素晴らしいプレーを試合を通してしたという感覚はありますし、選手にもあると思いますが、それだけでは足りないのだということです。それでもこれだけの点差で負けてしまうということに、意識していなかった試合に対する準備の部分であったり、試合中に気にしなければいけないところ、意識しなければいけないところをこの試合の中で得ることができたとも思います。本当に試合内容が素晴らしかったところ、今日良いプレーができたという感覚のところ、つなげないといけないところはしっかり残して、分析しなければいけないところはしっかりとして、他のチームならやられていなかったというところもやられてしまったのは川崎戦だというところもあります。そういった形で次に必ずつなげなければいけないと思います」

(残り 894文字/全文: 1732文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック