【サッカー人気2位】ハイライン! 大嶽直人監督による「シー…

赤鯱新報

稲垣祥「メリハリを利かせて、自分たちのやれることやれないことを試合の中で判断しながらゲームを進められたらと思います」【10/22コメント】

○稲垣祥選手
Q:厳しい日程のことを言っても仕方ないですが、日程による消耗は否めません。次戦の試合の入り方も考えるところがあると思いますが。
「まずコンディションのところというのは最大限各自が試合までにリカバリーのための努力をするということはしっかりやりながら。ゲームにおいては中2日が続いて試合となると影響は出てくるので、もちろん選手全員で踏ん張るところは踏ん張ってやらないといけないですけど、その中でメリハリを利かせてしっかり自分たちのやれることやれないことを試合の中で判断しながらゲームを進められたらと思います」

(残り 2160文字/全文: 2417文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック