【サッカー人気3位】秋葉忠宏監督「主体性が高まっているから…

赤鯱新報

前田直輝「劇的な形でのPKでも勝点3を取れた意味を無駄にしない試合をしないといけない」【11/19コメント】

○前田直輝選手
Q:前節は勝点3を得られたことでも良い試合になりました。攻撃としても1点ではありましたが良い形もできたと思います。手応えはいかがですか。
「PKの1点しか取れていないというのが正直なところですし、ここ何試合か振り返ってみても流れの中でなかなかきれいなゴールというか、スカッとするようなゴールがないです。この前の試合は劇的な形でのPKでも勝点3を取れた意味では、無駄にしないような試合を次もしないといけないなというのは思いますね。でもこの前の試合は永井選手がベンチスタートで、前線のプレッシャーの部分でウチのセンターバックが余裕をもってボールを受けられたというのが大きな要因にもなったかなと思いますし、湘南はたぶん広島のように前から守備をはめてくるんじゃないかなと思います。そういうところでは中盤がどこまで落ちるか、中盤がどのくらいで受けてターンできるのか、それがカギになってくると思います」

(残り 2623文字/全文: 3024文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック