【サッカー人気2位】阿部勇樹がレッズでプレーし続ける意味、…

赤鯱新報

【名古屋vs湘南】マッシモ フィッカデンティ監督記者会見コメント「正しいボールの持ち方をするというのがこの試合のテーマでもありました。時間経過とともにやりやすいゲームになっていたと思います」

■明治安田生命J1リーグ第28節
11月21日(土)名古屋 3-1 湘南(17:03KICK OFF/豊田ス/15,480人)
11’マテウス(名古屋)17’坂圭祐(湘南)51’阿部浩之(名古屋)56’ガブリエルシャビエル(名古屋)
———–
○マッシモ フィッカデンティ監督
「前半がどういう形で始まったかと言えば、こういうやり方をしてくるのだろうなと予想していたまさにその形でしたので、良い形で先制点も取れましたが、逆に相手にとってもすごく良いタイミングで得点を与えてしまいました。そこからはワクワクするようなシーンがあまり作れない前半になった、試合を上手く消されてしまった印象があります。なかなかしっかりと守られている時間帯においては、こちらもFWに当てるという選択肢もない中で、細かくつないでいかなければいけないという部分を守り通されました。そこから守り続けられてしまうのではないかという難しい試合の下地になりそうな前半でもあったのですが、その中で後半にまた良いタイミングで得点をすることができました。そこからはよりオープンな試合展開になりましたが、スコア的にこういう形になりましたが、もっと派手なゲームになる可能性もあった後半にもなりました。その要因としては我慢した前半があったのですが、この試合の考え方としてやらなければいけないと受け入れ、我慢したもので、リードして追いつかれもしましたが、しっかりと堅い試合をして相手に前に来させて、オープンな試合にしていく。そこを突いていくという試合をできましたので、やるべき試合と結果を出せたのかなと思います」

(残り 766文字/全文: 1444文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック