【サッカー人気1位】【松本山雅】[元悦対談]新監督・名波浩…

赤鯱新報

【赤鯱新報的2020年MVPインタビュー】稲垣祥「自分たちの強みや拠り所を見失わず、さらなる発展を」第2回

2年連続の残留争いから、アジアへの挑戦権を得る3位へとジャンプアップした2020年。躍進の原動力の一人として際立ったパフォーマンスを見せたのが、移籍1年目の稲垣祥だった。ある時は堅守を支える中盤守備の要として、ある時には攻撃に厚みを加える援軍として。背番号15がマッシモ名古屋の中で担ってきた仕事は多岐にわたり、かつ高い効果を挙げてきた。そこで赤鯱新報的には彼をシーズンMVPと認定。過酷で特別な1年を振り返り、稲垣という選手の思考にも迫ろうとインタビューを行なった。知性と理論が入り混じる独特のサッカー観と、その眼を通した2020年の名古屋の見え方、捉え方。そこにはチームが進むべき次のステップが、示されているようでもあった。

第1回はこちら

第2回:「タイトルを獲るために僕は名古屋に来た」

Q:どんどんと守れるようになってきた中で、ボランチとセンターバックの4人の連係、同調の仕方というのはすごくこのチームの中で大事になっていきました。あの連動感はどうやって積み上げていったのでしょうか。
「試合をやっていくごとにそれぞれの特徴はよくわかってくるし、何を要求しているのかもお互いにわかってくる。そういうところが4人で把握しながらやれていたのが大きいと思います。あとは阿吽の呼吸みたいなところも生まれてはくるので、そこが失点数を減らせた要因だったと思います」

(残り 3830文字/全文: 4407文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ