【サッカー人気3位】サイゴンFCのビン会長、J3クラブの買…

赤鯱新報

【赤鯱短信】名古屋の強度を支えるインターバルトレーニング。他競技からの証言が、その効果を物語る。

始動4日目に聞こえてきたコーチからの練習メニューについての一言。「今日は1000×6本やるから」。計6kmのペース走か、キツそうだなというのがまずは第一印象。そして実際にキツそうに走る選手たちもチラホラ。でもまだシーズンが始まったばかりの時期だからキツいのか、それともただひたすらにキツい練習なのかが、どうにも実感として理解できない。だから走ってみました!とは諸処の都合にてできなかったのだが、知人に陸上関係者がいたことを思い出したので実際どうなんですか?と質問してみることにしたというのが本日のお題である。

この方、個人名は伏せるがご自身もマラソンや駅伝をトップレベルで走ったランナーであり、引退後は実業団や大学の駅伝・長距離のコーチとして長年務められてきた。今はコーチ業も引退されているがつい最近まで現場のトップレベルにおられたので、現代の陸上のトレーニングにも深く通じている人物である。早速に、1000×6本のペース走について聞いてみると、「キツいと思うよ」とまず一言。そして実業団レベルの長距離走トレーニングとの比較を教えてくれた。

(残り 1745文字/全文: 2214文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック