【サッカー人気3位】J2第13節栃木SC戦「ハイプレスを攻…

赤鯱新報

【赤鯱短信】久々に感じた名古屋目線の代表戦。普段通りだった彼らの頼もしさよ。


森保一日本代表監督のマネジメントには恐れ入った。名古屋から初招集の2選手を、あんなに上手く代表デビューさせてくれるなんて。中谷進之介は無観客のワールドカップ予選のピッチにいつも通りの大きな指示を響かせて、稲垣祥は2得点という最高のアピールまで成功させた。特に2得点目はミドルレンジのこぼれ球という稲垣の十八番でもあり、しかし左足で身体をねじっての一撃と決して難易度は低くなかった。Jリーグで見せている好調ぶりをそのままに発揮してみせた2人は、代表への生き残り以前に良い代表への“入り”をものにした。

久しぶりに日本代表の試合の見え方が違った。

(残り 1337文字/全文: 1641文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ