【サッカー人気4位】【J2箱推し宣言!】元悦放談:魔境J2…

赤鯱新報

【名古屋vs広島】プレビュー:本質的な“厚み”も増した名古屋の戦力。マネジメントの妙はここからさらに加速していく。

■明治安田生命J1リーグ第19節
4月14日(水)名古屋vs広島(19:30KICK OFF/豊田ス)
———–
新記録を更新したならば、次は怒涛の4連戦への挑戦が始まる。4月の残り2週間で4試合、週2回の厳しい日程もすべてホームゲームというアドバンテージは心強い。ただし相手は広島に始まり鳥栖、G大阪、川崎とヘビー級の相手がズラリと並ぶ。一戦必勝の気持ちだけではマネジメントとしては不足し、かと言って要らぬ皮算用をすれば目の前の勝点3を逃すことにもなりかねない。その闘い方と同様に、ここからの名古屋はあらゆるバランスを高い水準で保ちながら、誇示してきた強さをさらに確固たる形で示したい。

“初戦”は昨季もフィッカデンティ監督が常々好印象を口にしてきた広島である。

(残り 2582文字/全文: 2916文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ