【サッカー人気5位】橋岡大樹が練習参加 ユンカーが紅白戦で…

赤鯱新報

【名古屋vs鳥栖】レビュー:今季の1敗目はひどく苦いが良薬か。劣勢に見えた名古屋の違う“顔”。

■明治安田生命J1リーグ第10節
4月18日(日)名古屋 1-2 鳥栖(15:03KICK OFF/豊田ス/9,552人)
得点者:6’林大地(鳥栖)45’酒井宣福(鳥栖)85’稲垣祥(名古屋)
———–
ともに高度な戦術家が率いる堅守のチーム同士の対戦だけに、その権謀術数のせめぎ合いにも注目が集まった一戦は、対照的なまでにその策が、試合の流れと勝敗を決定づけた。試合後のフィッカデンティ監督は「しっかりと相手にやりきられてしまったなという印象」と言ったが、つまりはこの90分間においては、鳥栖のプランが名古屋を上回った。なすすべもなく、ということではなかったにせよ、名古屋は彼らが狙っていたものを遂行することができず、鳥栖は完遂に近いパフォーマンスを発揮した。1-2というスコアは接戦に見えて、なかなかに勝点が遠いゲームでもあった。

(残り 3683文字/全文: 4051文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ