【サッカー人気2位】ハーフタイムで劇的に改善された試合、前…

赤鯱新報

【名古屋vsG大阪】マッシモフィッカデンティ監督記者会見コメント「トータルで見た時に、素晴らしい試合をしたと、そう評価していいゲームだったと思います」

■明治安田生命J1リーグ第11節
4月22日(木)名古屋 2-0 G大阪(19:33KICK OFF/豊田ス/7,463人)
得点者:29’山﨑凌吾(名古屋)55’相馬勇紀(名古屋)
———–
○マッシモ フィッカデンティ監督
「トータルで見た時に、素晴らしい試合をしたと、そう評価していいゲームだったと思います。どういった戦いになるかというところも、いろいろなパターンを用意しながら、相手がどういったメンバー構成で来るかという部分もメンバー表を見るまでわからなかったので。あまり固定した準備の仕方というよりは、メンバー表を見るまで、試合直前までこういう風にやってくるんじゃないかということを個別に選手と話しながら、結局はサイドをしっかりと突いてくる、こちらがサイドで深い位置の1対1の局面などを作れたら、チャンスがあるかなと。そうなれば中の入り方なども、みんなで徹底してこういうことをやっていこうということを、数多くぶつけていこうと。そういう準備をしてきましたので、そういった形でサイドからとできましたし、得点などの良いシーンもあったのかなと思いますので、前半のやり方はすごく良かったと思います。
後半は少し試合を上手く回すということも考えながら、隙さえあればもう1点ということをやっていきまして、2-0の状況でやるべき試合というのを今日の我々はできたのではないかなと思います。最後まで、ガンバは一人で状況を変えてしまえる選手がいますが、そこをしっかりゼロで抑えきれたこともすごく、自信を深めて良いものになっていくと思いますので、そういった得たものも多い試合だったと思います」

(残り 1607文字/全文: 2293文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ