【サッカー人気4位】信頼回復のために必要なこと/広島 1-…

赤鯱新報

【浦和vs名古屋】レビュー:浦和を封じ、しかし勝負は決められず。“得点だけが足りない”という現在地は、名古屋をいずこへ誘うか。

■明治安田生命J1リーグ第17節
5月30日(日)浦和 0-0 名古屋(18:04KICK OFF/埼玉/4,685人)
———–
良い内容の試合ではあった。良い結果とは言い切れないのが残念なところなのだが。ゴールなくして“良い内容”もないだろうとはもっともな意見でも、その反面でフィッカデンティ監督の言うように、「とにかくゴールだけが足りない、取って帰ってこられなかったというところだけ」という部分も確かにある。柿谷曜一朗が、山﨑凌吾が、あと一歩踏み込むことができていれば。勝負に禁物の要素を持ち出したくなるほど、画竜点睛を欠く試合だったことは間違いない。勝点1で終わるには、やはりもったいなかった内容だ。

(残り 3584文字/全文: 3889文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ