【サッカー人気3位】常に成長への貪欲さをみせる小泉佳穂が見…

赤鯱新報

【赤鯱探訪】増川隆洋編②「名古屋でやり遂げよう、そう思っていた」

株式会社grow for kids代表取締役
増川隆洋
(2005~2013 名古屋グランパス所属)

今年の2月17日、実に懐かしい顔にオンラインながらお目にかかることができた。増川隆洋。言わずもがなの2010年優勝メンバーにしてその年のJリーグベストイレブンは、191cm、“93kg”という日本人離れした巨漢DFとして名古屋で一時代を築いた。プロ入りまではまさに叩き上げ、プロになっても生き残るために数々のコンバートを受け入れてきた努力の人は、17年間のプロ生活に自分で幕を引き、今は福岡県でセカンドキャリアを歩んでいる。自身も3人の子どもを持つ良き父親である増川が選んだ次の道は、児童発達支援事業だ。「わからないことだらけですよ」と快活に笑う姿は現役時代そのまま。クラブ史に名を残す名選手の一人に、これまでのこと、これからのこと、いろいろと伺ってきた。

赤鯱探訪・増川隆洋編②「名古屋でやり遂げよう、そう思っていた」

Q:名古屋時代はチームに個性があふれていて、増川さんも楽しかったのではないかと思います。
「面白かったですね、良い選手がいっぱいいましたので。助けてもらいましたよ」

Q:すごく考える選手なので、個性派揃いのチームではいろいろ考えて、懐も深くしていったのではないかと想像するのですが。
「どうなんでしょうね。そこまで深くは考えてやってなかった気もします。ただ、どうやったらうまくいくかとか、どうすればチームのために自分が役に立つかなとか、考えるようにはなったですね。実際にやれる選手が周りに多いので、その選手の良さを出すには自分がやりたくないところをやろうという感覚が一番強かったので。そういう身体を張る部分やカバーをする部分、単純に競り勝つということは考えていましたけど。あとは適当にでも周りにボールをつないでおけば、上手い選手がいっぱいいたので、あとはやってくれと(笑)。そういう感じでもありましたよ」

Q:楢﨑さん、闘莉王さんとのトライアングルは名古屋のクラブ史上屈指のDFラインでした。このユニットってどうでしたか。
「その時は、トゥも来ましたけどダニ(ダニルソン)も来たので。すごいのがいきなり二人も来たので、あの時ははまったというか、やりやすさはありましたね。トゥはもう読みも鋭いし、本能のままにボールを奪い去るし。ダニはダニで、すごい勢いでボールを狩り取ってくれるし。ちょっと泳がせてみていてもいいかなというか、そこでやられた時にカバーをすればいいかなという感覚を持っていたし、僕としてもガンガンボールを取りに行くタイプではなかったので。どっちかと言うと、冷静に見すぎてしまうくらいのタイプだったので、そういう意味ではバランスも良く守れたのかなと思うし、ナラさんが後ろにはドカッといるので。多少なら打たれても大丈夫だろ、という感覚でもありましたね(笑)」

Q:加えて特徴のある守り方だったと思います。システマティックでもあり、割り切っているところもあり、という。
「そうですね、どんな感じだったかと言えば、とりあえずリスクを冒してでも奪いに行ってはいないかなと思いますね。数的不利とか、あまり状況が良くないならば下がればいいし、ただ前ではめる時にはしっかり行って、サイドのところで網を張るという感じの守り方でした」

(残り 5602文字/全文: 6962文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ