【サッカー人気2位】小泉佳穂が酒井宏樹加入に胸を高鳴らせて…

赤鯱新報

藤井陽也「自分のゴールで自分自身が落ち着けましたし、チームにとっても大きな1点になったと思う」【名古屋vs三菱水島FC】試合後の選手コメント

■天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会
6月9日(水)名古屋 5-0 三菱水島FC(18:00KICK OFF/長良川/1,886人)
得点者:36’藤井陽也(名古屋)39’長澤和輝(名古屋)64’マテウス(名古屋)89’石田凌太郎(名古屋)90+1’マテウス(名古屋)
———–
〇藤井陽也選手

Q:立ち上がりはややバタつくところがありましたが、ご自身の得点の後に落ち着いた気もします。今日を振り返っていかがですか。
「そうですね、やっぱり良い準備は自分なりにしてきたつもりだったんですが、いざ入ってみると、言い訳はできませんがバタついた部分があったので。そこは本当に反省しないといけないと思いますし、でも、自分のゴールで自分自身が落ち着けましたし、チームにとっても大きな1点になったと思うので、そこは良かったと思います。試合を通してゼロで終えられたのも、良かったかなと思います」

(残り 1025文字/全文: 1419文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ