【サッカー人気2位】U-24日本代表についての雑感 -メキ…

赤鯱新報

【記憶と取材メモから紐解く中東の激戦プレイバック:ACLvsアルイテハド】第1戦:アウェイ、2-6の惨敗。誤算と魂のゴールと。

9年ぶりのAFCチャンピオンズリーグがいよいよ来週に開幕する。前回に名古屋グランパスが参戦したのは2012年のことで、あの時からACLも随分と様変わりした。しかしアジアの厳しさ、Jリーグとの違い、戦いに求められるたくましさなど変わらぬものもまだまだ多く、振り返って損をすることなどないはず…。ということで、記憶と手元に残った取材メモを頼りに、クラブのACL史上屈指の激戦だった2009年の準決勝、アルイテハドとの2試合をここにプレイバックしてみたいと思う。9年前のグランパスは初のACLをいかに闘ったのか。久々のアジアを戦う現チームにも、必ずや参考になることがあるはずだ。

当時の公式記録はこちら(名古屋公式)

【第1戦】アウェイ、2-6の惨敗。誤算と魂のゴールと。

AFCチャンピオンズリーグの日本勢3連覇。その期待を一身に背負っていた名古屋グランパス立ったが、準決勝で思わぬ大敗を喫して大会を終えた。初出場でベスト4は十分に評価されていい成績だったが、その終わり方があまりにショッキングであり、今も苦い記憶として刻まれている人も多いと思う。筆者は幸運にもサウジアラビア現地での取材機会に恵まれたが、中東独特の雰囲気と異様な試合展開になかなか記憶もおぼろげだ。負けた瞬間、近くに座っていた現地のメディアか関係者らしき人が突然記者席の机に飛び乗って大喜びして、驚いたことはよく覚えているのだけど。

(残り 2475文字/全文: 3071文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ