【サッカー人気3位】取り戻した修正力 鹿島との1点を争う死…

赤鯱新報

【名古屋vs鹿島】プレビュー:“4つ目の大会”開幕。一発勝負だからこそ、名古屋らしさが武器となる。

■JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝 第1戦
9月1日(水)名古屋vs鹿島(19:00KICK OFF/豊田ス)
———–
あらゆる角度から考えて、名古屋は名古屋のスタイルでルヴァンカップの開幕を迎える。トーナメントだがホーム&アウェイ、だからこそ生まれるアウェイゴールの貴重さ、“90分ハーフ”と表現される2戦で争う勝敗の行方。そのどれに対しても名古屋が貫いてきた戦い方は普遍的な有効性を保ち、むしろ自信の源となって追い風を吹かせる。「チーム全員がしっかり理解している、そのやり方を優先する」。奇策も積極策も必要ない。勝つサッカーという普段着をしっかり着こなすことが、名古屋が試合に勝つためにすべき唯一の策だと指揮官は胸を張った。

(残り 2631文字/全文: 2950文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ