【サッカー人気4位】WEリーグのスタジアムにプロリーグらし…

赤鯱新報

【名古屋を見つめる冷静な視点:増川新報】第2回後編:札幌のシュヴィルツォク。そして清水戦の失点について。

2005年から2013年までの9年間を名古屋で過ごし、2010年にはチームのリーグ初優勝に大きく貢献。同年のベストイレブンにも選出された名CBである増川隆洋さんが、この度「赤鯱新報」の“論説委員”として月に一度、その冷静な視点から見た名古屋グランパスについて語ってくれることになった。現役時代はその体格を生かしたパワフルな守備だけでなく、クレバーな戦術眼と試合の流れを読み、分析する力でもチームに多くをもたらした頭脳派は、フィッカデンティ監督率いるチームをどう見ているのか。第2回となる8月は、リーグ戦6試合を中心にV字回復を見せたチームの状態、そして試合の要点となったプレーについても解説してもらった。

後編:札幌のシュヴィルツォク。そして清水戦の失点について。

Q:増川ダービー最終戦は札幌でした。
「厚別は風強かったでしょ(笑)」

Q:雨なのに屋根がないのが、メモを取る職業としてはきつかったです…(笑)
「普通の陸上競技場だもんね。札幌ドームだとそういうことは全くないんだけど」

Q:快適ですよね…冷暖房完備で。
「基本、21度に設定されているから。ただ行ってのんびり観ているだけでいい。暑くもないし、風もない。そうかー、厚別行ったんだ。行った甲斐はあったね(笑)」

Q:行った甲斐はありました(笑)
「良い試合だったよ。名古屋が形を変えて、札幌はいつも通り」

(残り 8018文字/全文: 8621文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3 4
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ