【サッカー人気1位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

赤鯱新報

【クラブニュース】来季はU-18から3選手が昇格!その喜びの声をお届け!

本日9月15日、ACL快勝の余韻も冷めやらぬ中で来季アカデミーから3選手が昇格することが発表になった。3人の名は豊田晃大、吉田温紀、甲田英將。それぞれこの年代での代表経験も豊富な実力者たちで、トップチームでの練習参加でもよく顔を見た面々だ。

豊田は1年生時からU-18の主力として活躍し、史上最強と謳われた2年前のチームではボランチとして類まれな才能を見せていた。現在はFWを中心に攻撃的なポジションでプレーするが、彼の適性ポジションがどこにあるのかは今後次第といったところか。トップチーム3人目の“吉田”は今季の沖縄キャンプで練習参加し、センターバックとして練習試合でも多くのプレータイムを得た期待の守備的人材。本来はボランチであり、木本恭生のようなポリバレントな選手となっていくのか、あるいはどちらかでの専門家になっていくのか、その育成方針には注目したいところ。そして甲田も早くからその才能を買われていた攻撃の逸材で、切れ味鋭いドリブルに代表される技術の高さが最大の武器。彼ら期待の若鯱が来季から、どのようなプロサッカー人生を歩んでいくのか実に楽しみである。

今回は彼ら3選手のオンライン会見の様子を、余すことなくお伝えする。

〇山口素弘GM
「名古屋グランパスジェネラルマネージャーの山口です。現名古屋グランパスU-18に所属している豊田晃大、吉田温紀、甲田英將、この3選手の来シーズン、2021年シーズンからのトップ昇格をお知らせします。この昇格にかんしてはクラブ内のテクニカル会議でしっかりと話し合いをした中で、決めました。もちろんこの3選手に至っては、高2の時からトップのキャンプに参加したり、2種登録をしたり、今シーズンも2種登録やACLの予選に参加したりと、トップでのトレーニングの中での評価も得ながら昇格を内定することになりました。

まずは一人ひとりの特徴を話したいと思います。豊田晃大選手。彼はポジション的にはFWもしくはMF。攻撃的なポジションをやっています。ジュニアユースから名古屋グランパスに所属していて、ジュニアユースの時からチームを引っ張り、特に得点力、攻撃的な部分での特徴というのはその頃から発揮していました。ユースの時には1年生次からレギュラーの座をつかみ、1年のときにはボランチをやっていましたけど、特にその頃にはアカデミーのタイトルに貢献していたというところがあります。次に吉田温紀選手。彼もジュニアユースから名古屋グランパスに所属していました。特にポジション的にはMF、あるいはやや後ろ目のポジションができます。非常にここに来て、ユースで伸びてきたような選手です。技術的にはしっかりしていますし、あるいは戦術眼、パスの長短の正確さは目を見張るものがあると思います。次に甲田英將選手。彼もFWないし攻撃的なMF。攻撃的な選手です。右足も左足も両方蹴られるうえに、左足のシュート力というのは、この代では非常に抜けているのかなと。もしくはドリブルの素早さという特徴があります。特に2年生時の2種登録ではルヴァンカップのメンバーにも入り、出場は叶いませんでしたがその頃からも実力的に伸びてきたと思っている選手です。

この選手たちはまだまだ当然未熟な部分がありますが、将来性も含めて今後グランパスの中心に、グランパスを背負って立っていってもらいたい選手たちです。この3選手は夏に行われたクラブユース優勝の中心選手で、この代、3年生たちは非常に実力のある選手、クラブユースで伸びた選手も多くいまして、非常に昇格においては迷いましたが、その中でこの3選手は今後の伸びしろを含めて昇格内定ということになりました。報道の皆さんにおかれましては、今後いろいろな取材をしていただけるかと思いますが、温かく、また時に厳しく、特に厳しく(笑)。我々と一緒に成長を見届けてほしいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします」


豊田晃大選手
「こんにちは。名古屋グランパスU-18のFW、豊田晃大です。まず始めにこの歴史ある名古屋グランパスでトップ昇格できたことを嬉しく思います。トップ昇格にあたっては、人間性として、一人の大人として恥ずかしくない行動をとっていきたいと思います。ピッチ内では自分の特徴である前への推進力であったり、ゴール前でアクセントをつける部分を存分に練習から出していって、少しでも早く豊田スタジアムのピッチで勝利に貢献できるように頑張っていきたいと思います」

吉田温紀選手
「こんにちは。名古屋グランパスU-18、MFの吉田温紀です。まずこの名古屋グランパスでトップ昇格できたことを本当に嬉しく思います。ですが、本当にプロになってからが勝負だと思っています。そのために自分は素さんが言ってくれたような自分の武器であるロングボールの精度であったりスルーパスの精度を試合や練習でアピールして、1年目からプロで活躍できるように頑張っていきたいと思います」

甲田英將選手
「こんにちは。名古屋グランパスU-18、MFの甲田英將です。自分はジュニアの頃から名古屋グランパスに所属していて、小さい頃からトップチームの姿を見て、トップチームに上がって活躍したいという想いを持って自分は取り組んできたので、本当に嬉しく思っています。自分の特徴はドリブルなので、チームの起点となってチームの勝利に貢献し、自分の力をアピールして、1年目から試合に絡めるように頑張ります」

(残り 5586文字/全文: 7816文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ