【サッカー人気4位】【J1騒乱】[熱論]優勝カウントダウン…

赤鯱新報

【名古屋vs大分】プレビュー:拡がる勝ち方の選択肢。充実の9月を締めくくる、厚みある勝利を。

■明治安田生命J1リーグ 第32節
9月26日(日)名古屋vs大分(16:00KICK OFF/豊田ス)
———–
6戦無敗。その勢いには、重厚感が伴ってきている。切れ味鋭い刃というよりは、重く叩き潰すハンマーのような強さが今の名古屋のイメージか。どっしりと構えて慌てない守備も、粘り強く仕留めに行く攻撃も、質実剛健としていて緩みがない。怒涛のごとくボールに詰め寄り、仕掛けるカウンターもまた圧するようなパワー感が強く、やはり名古屋を表現する言葉は“強い”という類の意味合いを選ぶことが増えていく。過密日程に耐え、負傷者の多さなど様々な負荷にも抗い、それでも結果を出してきたここまでの戦いぶりはまさに“強か”。早くも終盤戦に差し掛かってきた2021年の戦いを俯瞰で見た時、名古屋の戦力はこれまでにない厚みが出てきている。

「選手が揃ってきたことで、各ポジションで色々なカードを切ることができる選択肢を私はもらっている」。7試合を戦う9月最後の試合を前に、フィッカデンティ監督は自らの選べる戦術の幅に充実感を口にした。

(残り 2170文字/全文: 2629文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ