【サッカー人気2位】どうする集客!?WEリーグに解消してほ…

赤鯱新報

【赤鯱探訪】田中輝希編①「今はガツガツ行く選手ですよ。変わりました(笑)」

栃木シティFC MF
田中輝希
(2011~2015 名古屋グランパス所属)

大器、というイメージがぴったりの選手である。2011年、一つの絶頂期を迎えていた名古屋グランパスに世代屈指のプレーメーカーとして鳴り物入りで加入し、多くの期待を背負ってプレーした。左サイドでボールを持てば、独特のリズムでドリブルを刻み、カットインからチャンスを生み出す。ケネディ不在時にゼロトップとして得点をマークし、玉田圭司らと素晴らしい活躍を見せたことでも記憶に残っている方がいるかもしれない。2015年に名古屋を契約満了となった後はJ2の長崎、そして地域リーグのおこしやす京都を経て現在は関東リーグ所属の栃木シティFCでプレーする。気づけば29歳、もう29歳かということで思わずコンタクトをとったことからトントン拍子に進んだ今回の探訪、何とも懐かしい気持ちでついつい友人感覚で話してしまったのはご容赦を。しかし田中はまだまだ野望を抱いてプレーしていることをまずは伝えておきたい。地域からJへ。男の今をお伝えする。

田中輝希編①「今はガツガツ行く選手ですよ。変わりました(笑)」

Q:本当にお久しぶりです。お元気そうで何より。2015年の契約満了で名古屋を出た後のことからお聞きしていきたいと思います。J2の長崎に行き、そこから現在までのキャリアをまずはどう感じていますか。

「そうですね、自分が思い描いていたような道ではなかったですけど、年齢を重ねることによって自分自身をちゃんと見つめ直すことはできるようになったかなと感じています。名古屋には18歳の時に加入して、まだ考えとかサッカーに対する気持ちも、今の自分と比べてしまうと幼かったなという気持ちがすごくありますね。僕はジュニアユース、ユースとすごく苦労してプロになったという感じではなかったので、そのあたりの甘さとかというのはすごく今になって感じています。それをもう少し若い頃から気づいていたら、もっと違う道もあったんじゃないかって気もしています。だけど、そのことに気づいたのはここ数年のことなんですが、考えようによっては今からでも遅くないとも思っています。今はもう1度Jの舞台でやりたいという気持ちを持ちながらプレーしています。今は僕自身もそうですけど、栃木シティというチームがJの舞台に立てるよう、一歩ずつ昇格出来たらなと考えてながらプレーしています」

(残り 2538文字/全文: 3528文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ