【サッカー人気1位】酷い風雨の中、1年前とは違うと感じたも…

赤鯱新報

【名古屋vsFC東京】プレビュー:今こそ壁を超える時。カップファイナルへの道はこの“前半90分”から切り拓く。

■JリーグYBCルヴァンカップ 準決勝 第1戦
10月6日(水)名古屋vsFC東京(19:00KICK OFF/豊田ス)
———–
反面教師は日曜日の自分たちだった。「引き締めてやっていかないと、ああいう試合の落とし方をする」。ハードワークをベースに手堅く勝利を引き寄せるはずが、相手にそれをやられて13戦ぶりの敗戦を喫した。試合後はやや感情的にもなっていたフィッカデンティ監督は、その発言の真意がチームコンセプトの徹底だったと、それを内外に強調すべく会見の場を選らんだと改めて口にしている。立て込んだスケジュールの中ではコンディションの持つ意味は通常の日程にも増して重要になってくる。状態の良いメンバーで実現できる勝ちに直結したスタイルの構築が不可欠なシーズンの中で、その歯車を乱す要素は極力排除したいと思うのは当然のことだ。

(残り 2111文字/全文: 2476文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ