【サッカー人気3位】【地域CL】東京での「紫対決」は新宿が…

赤鯱新報

【FC東京vs名古屋】プレビュー:決勝進出からの逆算式。まずは90分、そして180分での勝利へ向けたアプローチを。

■JリーグYBCルヴァンカップ 準決勝 第2戦
10月10日(日)FC東京vs名古屋(14:00KICK OFF/味スタ)
———–
臨機応変がゆえに大胆不敵にも、慎重を期するがために積極的にも。“何でもできる”をキーワードに練り上げてきた勝負強さは、状況が面倒であればあるほど強みにも思えてくる。2戦合計で争われるルヴァンカップの準決勝第1戦に3-1で勝利し、クラブ初の決勝進出へと王手をかけた名古屋だが、その一方で相手にアウェイゴールを与えたことが一抹の不安をよぎらせる。FC東京からすれば「首の皮一枚つながった」(長谷川健太監督)状況というのは逆に追い風にも感じられ、名古屋が2-0で勝っていればタイスコアだった第2戦の0-2が、敵地で得たアドバンテージによって逆転での決勝進出を導く。引き分け以上で十分の名古屋の方が分は良くとも、何やら仕留めきれなかったような居心地の悪さが、第2戦を想定した上ではこびりついて離れない。しかし、名古屋はあくまで冷静だ。意識付けや虚勢ではなく、“勝てば決勝進出”という一番シンプルな条件を胸に、難敵の待つ東京へと乗り込んでいった。

(残り 2107文字/全文: 2593文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ