【サッカー人気4位】降格を受け止めたら『クラシコ』を観てほ…

赤鯱新報

「必死になって、このレベルにまで来て、その最後がこういった形で終わってしまったのは残念」【浦項vs名古屋】マッシモフィッカデンティ監督記者会見コメント


■AFCチャンピオンズリーグ 準々決勝
10月17日(日)浦項 3-0 名古屋(14:00KICK OFF/全州)
得点者:53’イム サンヒョプ(浦項)69’イ スンモ(浦項)90+4’イム サンヒョプ(浦項)
———–
〇マッシモフィッカデンティ監督
「まずは前半が素晴らしい内容と評価していいような中で、やはりサッカーは点を取るスポーツ、点を取り合うスポーツなので、あれだけの大きなチャンスが少なくともゴール前で、かなり決定的と言っていいチャンスをものにできずに。そういう形を活かしたまま前半を終えて、後半も同じような形でとはいかないのがサッカーだとやっぱり教えられた、そういう試合になってしまいましたね。どれぐらいの時間帯だったか、正確には覚えていませんが、試合が始まってから55分から60分ほどはなかった浦項の最初に訪れたチャンスを決められてしまい、相手はしっかり守るというベースを持っているチームなので、相手はそういったペースでしっかり試合をし始めるという中で、2点目もシチュエーションとしてはこちらがそこまで不利なものではなかったのですが、そのプレーの中で得点をされ、そのまま何かしっくりこないままで試合が流れてしまったと、そういう感覚で選手は戦っていたと思います。ずっとここまでこの大会を必死になって、このレベルにまで来て、その最後がこういった形で終わってしまったのは残念ですが、この敗戦は0-3というスコアがふさわしかったかといえば、今日の戦いを見てもそうではないと思いますし、こういった結果で大会を去るということについても、こんな去り方を選手にはさせてあげたくなかったな、という印象が残っています」

(残り 1085文字/全文: 1789文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ