【サッカー人気4位】馬渡和彰の一人部屋での過ごし方 身体の…

赤鯱新報

【仙台vs名古屋】プレビュー:名古屋らしさと仙台の意地。“譲れないもの”を懸けた激戦の予感。

■明治安田生命J1リーグ 第35節
11月7日(日)仙台vs名古屋(14:00KICK OFF/ユアスタ)
———–
届きたい場所にいない以上、勝点3を積み上げていくしかないは名古屋も仙台も同じである。上で争うか、下で争うかというのはここに至ってはあまり意味がなく、お互いに未来を切り開くための勝利が欲しい。来季のAFCチャンピオンズリーグ出場権はとても大きな権利であり、J1残留もまたクラブの“次”を左右する大きな問題だ。仙台との戦いはシチュエーションとしてまずは意地や執念、つまりはメンタルの勝負で相手に勝ることが重要な一戦で、戦術家であるフィッカデンティ監督も「死ぬ気でやってくる相手に対して我々はどう上回るか」と、戦い方以前の部分にも準備は必須と気を引き締めた。

(残り 2707文字/全文: 3044文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ