【サッカー人気5位】ミニゲームでは柴戸海らの豪快なゴールが…

赤鯱新報

【2022シーズン昇格内定選手ミニインタビュー】甲田英將 「対戦相手に左利きだと思われているんです(笑)」

甲田英將

2021年シーズンも残りわずかなのはトップチームだけではない。アカデミーもまた1年間の総決算を出す時期であり、今季はその中に来季のトップ昇格を決めている選手が3人もいる。以前にも昇格内定の際に喜びの声は届けたが、もっとしっかり話が聞きたいと思ったのは筆者だけではないはず。ということで、今回は昇格内定選手たちに改めてインタビューの場をいただいた次第。ラストの第3回はU-22日本代表への飛び級選出でも話題を呼んだ甲田英將である。以前からトップチームでの練習参加などで目にしていた積極果敢なドリブラーの本質は何か。そしてその先にあるプロでの戦いにおいて、どのような“仕掛け”を考えているのか。

Q:昇格内定の後に選ばれたU-22日本代表への飛び級招集はかなりのトピックでした。この活動を経て得たものは。

「飛び級での選出だったので周りはプロの選手ばかりで、こういう選手の中にこれからは入っていくんだ、という気持ちでこの代表には入っていきました。自分のプレーであるドリブルはそこでも通用したし、海外の選手にも通用したことで自分の特徴は今まで通りに成長し続ければ、プロの中に入っても通用することが確認できたと思っています。さらに自分の武器であるシュートの部分も出せて、得点もできたことでも成長を実感できましたし、でも守備のところや視野の広さは他の選手とは比べものにならなくて。そこはもっと高めていかなくてはいけないなと思いました」

(残り 4513文字/全文: 5123文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ