【サッカー人気1位】【浦和を語ろう 特別編】元川悦子だから…

赤鯱新報

【2021シーズンのクロージングやいかに!?ラスト2戦を前に、名古屋の彼是を大予想!】② クリーンシートは最終的に20枚?21枚?22枚?

あっという間にシーズンが終わってしまったような感覚も色濃い今季も気づけばアウェイとホームの1試合ずつを残すばかり。これまでは記事を書く方としても息つく間もなく試合を追いかける日々だったが、前節からチームもその周囲も一息ついた感がある。今週は公開練習もない様子で、試合前の公式会見まではチームを取材する機会もない。というわけで何か自由に原稿のテーマを考えてみようと思い、短めではあるがラスト2戦で気になるトピックスを挙げて考察してみようと考えた次第だ。怒涛のシーズン終盤の箸休めとして、気軽に読んでもらえたら幸いである。

クロージングコラム②
クリーンシートは最終的に20枚? 21枚? 22枚?

もちろん22枚!というのが名古屋を取り巻く空気であることは承知の上で、あえて考察してみたい。36試合で20回の無失点試合とはとんでもない数字で、34試合で17試合を記録した昨季がかすんでしまうほどの凄みがある。ただ守りに徹するだけで出せる数字ならば、順位表に記される各チームの勝点はもっと低いものになるだろうし、優勝争い、残留争いの“圏内”はもっと幅を拡げるだろう。守ろうとして守れるのならば引き分けも増えるし、勝点3を奪う仕事はもっと厳しいものになるからだ。


だが、現実はそうではない。

(残り 882文字/全文: 1418文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ