【サッカー人気2位】岩尾憲が関根貴大を「浦和を担っていく重…

赤鯱新報

【C大阪vs名古屋】プレビュー:臨機応変が勝利の鍵。今季4度目の対戦は、だからこそ名古屋らしさを象徴する試合になるか。

■明治安田生命J1リーグ 第37節
11月27日(土)C大阪vs名古屋(14:00KICK OFF/ヨドコウ)
———–

これほどまでに適度な緊張感をもって試合に臨む名古屋グランパスを見るのは、久々ではないだろうか。勝利することしか考えていないチームの根幹部は不変でも、試合に臨むにあたっての余分な外的要因が今はほとんど見当たらない。連戦によるマネジメントの難しさも、コンディショニングの難易度も、起用できる選手の幅も、すべてが一定以上のレベルで整っている。来季AFCチャンピオンズリーグ出場権のストレートインを懸けたリーグ3位争いは熾烈でも、柿谷曜一朗の言う通り「2試合勝っても求めている結果は得られないかもしれない」のが実情だ。だが、だからこそ、チームはリラックスして勝算だけを見つめることもできる。

(残り 2248文字/全文: 2602文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ