【サッカー人気4位】馬渡和彰らがミニゲームで爽快なゴール!…

赤鯱新報

稲垣祥「(内容の良くない前半を)0-0で終えられたからこそ、結果につなげたかったなという想いはあります」【C大阪vs名古屋】試合後の選手コメント

■明治安田生命J1リーグ 第37節
11月27日(土)C大阪 2-1 名古屋(14:00KICK OFF/ヨドコウ/10,313人)
得点者:67’柿谷曜一朗(名古屋)80’藤田直之(C大阪)87’西尾隆矢(C大阪)
———–
〇稲垣祥選手
Q:前半は珍しいほどに守備が上手くはまりませんでした。展開を振り返って一番に思いつく反省点というと?

「プレッシャーかけようと思っても間、間に立たれたりとか、自分たちが相手がポジションチェンジしてきたところに自分が行くのか、誰かに渡すのか、というところでなかなかずっとはまらずにいってしまって。でも、もちろんそこは修正したかったし、もっと自分たちのことでやりたかったということはある中で。前半を0-0で終えられたというところは一つ大きなところだったと思うんですけど。そこは結果につなげたかったなという想いはあります。0-0で終えられたからこそ」

(残り 886文字/全文: 1276文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ