【サッカー人気1位】岩尾憲が浦和に来た想いを語る「ここに遊…

赤鯱新報

【C大阪vs名古屋】レビュー: 苦しいからこそ勝ちたかった敵地最終戦。課題はまだまだ彼らの中にあり。

■明治安田生命J1リーグ 第37節
11月27日(土)C大阪 2-1 名古屋(14:03KICK OFF/ヨドコウ/10,313人)
得点者:67’柿谷曜一朗(名古屋)80’藤田直之(C大阪)87’西尾隆矢(C大阪)
———–
まんまと相手に花を持たせてしまった。しかも、おそらくは最も劇的な形で。これは名古屋にとっては相当に屈辱的な負け方だと思う。いつやられてもおかしくない、大差も覚悟すべき試合展開の中で、耐え抜いて先制点を手に入れた戦いの推移はある意味では勝つべき内容だった。試合内容が良かったから、ではなく、悪かったからこそ勝つべき試合の流れというものがある。「前半を0-0で終えられたというところは一つ大きなところだった」。苦境の中枢にいた稲垣祥は努めて冷静に語った。劣勢を劣勢のままで何とか持ちこたえ、後半勝負に持ち込めた試合を制するのが名古屋の文脈だ。それを文字通りドラマチックに、“劇的”に、相手の試合にされてしまった。

用意周到とはもはや名古屋のためにあるような言葉だが、C大阪もまたこの日は実に周到だった。

(残り 3444文字/全文: 3905文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ