【サッカー人気4位】熱を帯びるリカルド監督の“講義” 20…

赤鯱新報

練習場には約300名が集まった【無料掲載】1/10始動日の様子(写真10枚)

例年よりもだいぶ早い1月10日、長谷川新体制が始動した。30分間のミーティングの後、名古屋の練習着でピッチに姿を見せた長谷川健太監督の眼光は鋭かった。

長谷川健太監督とはFC東京時代にも戦った丸山祐市。練習前には話し込む姿も。

そして約300名が集まった満員の観客席に向かってあいさつ。成瀬竣平は大きな声を張り上げた。

いつも通り、大きな声を仲間たちにかけながらプレーする齋藤学。

今年も元気な森下龍矢。しかし今年は彼の他にも元気印がたくさん出てきそうな印象も。

阿部浩之もすっかり元気な様子。こうしたメニューでは彼の理解力の速さ、応用力の高さ、ずる賢さが本当によく出る。

パス&ディフェンスに走る長澤和輝。今季は彼の働きが昨季以上に重要になる気がしている。

規定の時間、みんなでリフティングをし続けるパターンでは、全員にタッチをさせるために無茶なボールもたまに上がった。

人形を挟んでのパスコン。ドリブルなども適宜織り交ぜられた。

清々しく表情でクールダウンをする稲垣祥たち。

reported by 今井雄一朗

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ