今年のJ2大展望LIVE(1/18(火)22時)【J論】

赤鯱新報

【フォトレポート】2022名古屋グランパス新体制発表会写真レポート

本日1月15日、まだまだ真冬の寒さが残る豊田スタジアムで、2022年の名古屋グランパス新体制発表会が行われた。外国籍選手は隔離措置のため欠席となったが、日本人選手は全員が参加する形で今年は行われ、集まった約1200名の“ファミリー”たちに新チームの方向性が示された。小西工己社長から発表された今季の新たなスローガンは「未来へ」。チーム発足30周年の記念すべきシーズンは様々な取り組みでも盛り上げられることが伝えられ、秋ごろには30周年記念ユニフォームを使った記念試合の開催なども併せて発表された。リーグ優勝という大目標を掲げた1年は、事業面、イベントなどでも忙しい日々になりそうだ。

会の中核を担ったのはもちろん新チームの概要で、山口素弘GMから新人および新加入選手の紹介がされたのち、長谷川健太監督も登壇してサポーターに初お目見え。練習見学会はあったが、ファンクラブ限定だったことを思えばこれが“初”と言っても差し支えないだろう。長谷川監督は繰り返すように「ピッチサイドに立っていて、自分が熱くなるような試合をしてほしい」とキーワードの『熱』をここでも強調。豊田スタジアムのシチュエーションの良さ、名古屋サポーターのチャントについても触れ、集まったファミリーたちにも共感を呼んでいた。

そしていよいよ新人、新加入選手の紹介になると、場内のテンションは最高潮に。真新しい練習着やユニフォームに身を包んだ新戦力たちはみな良い表情でサポーターに語り掛け、赤い戦闘服もまた似合っていた。ユースから昇格の3選手は全員が「早く試合に絡みたい」と意欲を見せ、移籍加入組は「みんなでタイトル獲得に向け力を合わせて戦いましょう」(酒井宣福)と全員がタイトル獲得への意欲を口にするなどチームの意志ははやくも統一されていることがうかがえた。稲垣祥も「昨季よりも良い結果を。それはリーグ優勝」と断言し、名古屋グランパスの今季の戦いは、シンプルにして力強い歩みは早くも期待感があふれ出す。

来週には早くも練習試合が組まれ、主だった公式行事も終えたことでチーム活動はここから本格化。“ファミリー”の前で誓った目標達成に向け、名古屋グランパスの2022年チームはまた一つステップを上がったに違いない。

◆新体制会見の様子(写真)

(残り 385文字/全文: 1331文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ