【サッカー人気5位】アディショナルタイムの被弾。ゲームマネ…

赤鯱新報

【赤鯱探訪】阿部翔平編①「名古屋時代、目指したのは究極のバランサー」

SHIBUYA CITY FC 選手兼任監督
阿部翔平
(2006~2013 名古屋グランパス所属)

名古屋グランパスの“阿部ちゃん”と言えば、今は浩之でもやっぱり“翔平”でしょ、という方も多いのでは。小柄ながらパワフルなサイドチェンジに対人守備の強靭さ、飄々として愛される独特のキャラクターで、間違いなく名古屋のクラブ史に名を残す名選手の一人である。言わずと知れた2010年優勝メンバーは2013年に名古屋を後にし、その後は甲府や千葉でのキャリアを経て、2019年から社会人リーグにその活躍の場を移している。元日本代表の技術、スキル、戦術眼は衰え知らずで、39歳となる2022年はついに選手兼任監督として新たな一歩を踏み出すことになった。興味深いそのキャリアメイクに隠された彼の本質、サッカーを楽しむ心意気を、今回のインタビューから感じてもらえると幸いだ。

赤鯱探訪・阿部翔平編①「名古屋時代、目指したのは究極のバランサー」

Q:まずは名古屋時代のことから伺っていきます。プロ入りの際のいきさつは、どんなものだったのでしょうか。

「名古屋に拾ってもらったという感覚が強いんですよね、僕の中では。大学の3年、4年はずっとケガしていたので、試合を見てもらう機会も、練習に参加する機会とかもそんなに限られていて。その限られた中でのプレーを見て、最終的には11月ぐらいに呼んでもらえて、という感じで。そのプレーで判断して、獲ってもらえたという感覚なんです」

(残り 5511文字/全文: 6126文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ