【サッカー人気2位】【山雅探報】これぞクラシコ!信州ダービ…

赤鯱新報

【赤鯱探訪】阿部翔平編②「新しい側面からサッカーを見つめたくて」

SHIBUYA CITY FC 選手兼任監督
阿部翔平
(2006~2013 名古屋グランパス所属)

名古屋グランパスの“阿部ちゃん”と言えば、今は浩之でもやっぱり“翔平”でしょ、という方も多いのでは。小柄ながらパワフルなサイドチェンジに対人守備の強靭さ、飄々として愛される独特のキャラクターで、間違いなく名古屋のクラブ史に名を残す名選手の一人である。言わずと知れた2010年優勝メンバーは2013年に名古屋を後にし、その後は甲府や千葉でのキャリアを経て、2019年から社会人リーグにその活躍の場を移している。元日本代表の技術、スキル、戦術眼は衰え知らずで、39歳となる2022年はついに選手兼任監督として新たな一歩を踏み出すことになった。興味深いそのキャリアメイクに隠された彼の本質、サッカーを楽しむ心意気を、今回のインタビューからは感じてもらえると幸いだ。

赤鯱探訪・阿部翔平編②
「新しい側面からサッカーを見つめたくて」

Q:そして13年オフに名古屋を退団します。ご自身にとってどんな出来事でしたか。

「どうだったんですかね。悲しい部分もありましたけど、そんなに悲観することでもなかったです。名古屋ってそういうチームって感じもあったじゃないですか(苦笑)。だからそうなる想定もしていたので、仕方がないかな、と。チームが決めたなら。だからといって名古屋を嫌いになったり、ということは全然なくて。お世話になって、すごく成長させてもらったチームなので。だからいつか恩返しができたらという感じではありましたね」

(残り 3710文字/全文: 4353文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ