赤鯱新報

【短期集中連載:赤鯱の期待値】part3.森下龍矢

part3.森下龍矢

攻撃力の高いサイドバックを起用するイメージのある長谷川健太監督就任で、また違った評価を受けることになりそうだなとは思っていた。昨季は鳥栖で高い評価を受けた右サイドバックではなく、左サイドハーフが主戦場。“仕掛けマシーン”を自称するオン・ザ・ボールの強みは、同じポジションのライバルたちに少ないフリーランニングに質が出てきたことで、森下龍矢を使う意味を大きくさせた。本誌の評論でお馴染みの増川隆洋氏はさらに森下のボールを運ぶ力にも注目し、味方の次の動きを促す攻撃のハブ役としての価値も我々に認識させてくれてもいる。

(残り 1263文字/全文: 1529文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ