赤鯱新報

内田宅哉「初めての移籍で、いろいろな部分でチャレンジしたいなというところで、決断しました」【3/30練習後の選手コメント】

○内田宅哉選手

Q:まずは開幕後の移籍という部分について。難しい部分もある中で、どのような決断だったのでしょうか。
「名古屋グランパスさんにお誘いいただいて、自分はずっと東京でプレーしてきたんですが、初めての移籍で、いろいろな部分でチャレンジしたいなというところで、決断しました」

Q:長谷川健太監督からの誘いもあったのでしょうか。よく知る監督でもあったのは、決め手にもなりましたか。
「自分のプレーを知ってくれているので、そういった中で呼んでくれたので。理解もしてくださっていますし、期待に応えないといけないなっていう責任感は持っていますね」

(残り 2148文字/全文: 2416文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ