赤鯱新報

継続性と新たな試みと、それに呼応する意欲的なトレーニングと。【5/10練習レポート】

1ヵ月半ぶりの公開練習となったこの日、トヨタスポーツセンターは暑いぐらいの好天に恵まれた。ピッチ一番乗りは吉田豊で、稲垣祥、内田宅哉と続いた。

本当の意味でようやく過密日程も終わり、久々の中1週間という準備ができる次戦へ向け、チームは意欲的にリスタートをしている。週末には横浜FMとの“2連戦”を行ない、エリートリーグでは5-0と快勝もした。様々なテストが行われたこの一戦から得られた良いエッセンスを取り込み、彼らはC大阪戦へと臨む。心身にリフレッシュしたメンバーたちの表情は軒並み明るく、まさに心機一転して名古屋はリーグの3勝目を狙う。

(残り 12248文字/全文: 12585文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3 4 5 6
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ