赤鯱新報

藤井陽也「守るときは守るということもチーム全体で統一できていた」【名古屋vsC大阪】試合後の選手コメント

■明治安田生命J1リーグ 第13節
5月14日(土)名古屋 1-0 C大阪(14:03KICK OFF/豊田ス/17,129人
得点者:6’仙頭啓矢(名古屋)
———–
○藤井陽也選手
Q:久々の勝利でした。最後は守りきるようなところもありましたが、終盤の心境は?
「まあ、でも後半にはいろんな時間帯がありましたけど、自分たちで持てるときはしっかり後ろからつなげましたし、守るときは守るということもチーム全体で統一できていたので。そういった意味では前より成長できたかなと思います」

(残り 872文字/全文: 1110文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ