【サッカー人気3位】【J激論】天皇杯で”惨敗”相次ぐ。風雲…

赤鯱新報

「どんな展開になってもいいように、そして自分たちが予選を突破できるような戦い方をしていきたい」長谷川健太監督試合前記者会見の様子

〇長谷川健太監督

Q:前節の勝利は重ねてきた準備が結果と一致したことでも手応えは大きかったと思います。改めてこの試合から次につなげていく部分で重要だったのはどんなところでしたか。
「はい、ワンボランチからダブルボランチに切り替えた後のところで、その切り替えた後になかなか戦い方が統一できていないことが、全部ではないんですが、細かいところを見ていくと若干あるので。そういうところもトレーニングの中で統一できて。しっかりと、ダブルボランチにした後はほぼ危ない場面もなかったので、選手たちもそのあたりのシステムの切り替えというのはスムーズに切り替えることができたのかなと思います」

(残り 3582文字/全文: 3867文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ