赤鯱新報

藤井陽也「後半は最初から押し込まれてピンチになりましたし、実際に失点してしまったので反省することは多いです。でもまずは連勝できたことが良かったことかなと思います」【清水vs名古屋】試合後の選手コメント

■明治安田生命J1リーグ 第14節
5月21日(土)清水 1-2 名古屋(14:03KICK OFF/アイスタ/11,155人)
得点者:22’酒井宣福(名古屋)72’チアゴサンタナ(清水)90+4’相馬勇紀(名古屋)
———–
○藤井陽也選手
Q:連勝が大きな結果だと思いますが、今日の試合はどう振り返りますか。
「やはり前半で良い形で先制して、後半も追加点をという風にはチームでも言っていたんですけど。後半は最初から押し込まれてピンチになりましたし、実際に失点してしまったので反省することは多いです。でもまずは連勝できたことが良かったことかなと思います」

(残り 1160文字/全文: 1436文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ